windows10の新機能・仮想デスクトップ

仮想デスクトップは、画面に表示される領域を実際のディスプレイのサイズ以上に広く使うことができるように仮想的に用意されました。一つの画面を広い領域にして、実際に表示する領域を移動させながら使う方式と、実際の画面に表示される大きさの領域を複数枚用意して、随時を切り替えて使うタイプに分けることができます。windowsがアップデートされ、標準装備された仮想デスクトップの機能は後者に該当します。

複数の作業を並行して行なう場合に、作業途中の状態を維持しつつ別の画面で別の作業を行なうことが可能となります。細切れの時間を有効に使いたい場合や、作業途中の思考を中断させたくない方にとっては、大変便利な機能となっています。並行して作業を行っているタスク毎に、デスクトップ画面を割り当てることで、作業中の状態を切り替えて使えることができる点に注目してください。

PCで使える仮想デスクトップの便利な機能

まず最初に仮想デスクトップとはデスクトップを複数作れる機能の事で、これにより作業効率がとても上がります。具体的には画面をわざわざ狭くしてソフトウェア使う必要が無くなるということです。やり方は簡単でWindows10のタスクバーの左側にタスクビューというボタンがあります、そのボタンを押した後に画面の右下にデスクトップ追加のボタンがあり、それを開くと新しく追加する事が可能となります。またその画面で右クリックを押すと今表示されているウィンドウを違うデスクトップに移動させる事が出来ます、これは逆も可能で別のウィンドウを今あるデスクトップに移動する事も出来ます。この機能は非常に便利で今までのストレスがかなり減ります。pcのスペックにもよりますが、そのスペックが高ければ高いほどより多くのウィンドウを開く事ができ、この機能を活かせるでしょう。

パソコンでの作業を効率化する仮想デスクトップ

パソコンで作業をする時はデスクトップ上にアプリを開いて操作しますが、たくさんアプリを起動した場合にはデスクトップがアプリだらけになって、必要なアプリが探しにくいことがあります。これでは効率良く作業ができませんから、多数のアプリを同時起動する際は、仮想デスクトップを活用することがおすすめです。本来、パソコンにはデスクトップが1つしかありませんが、この機能を使うことで、デスクトップを仮想的に複数追加できます。新規で仮想デスクトップを設けますと、そこにはアプリが何も起動されていない状態のデスクトップが現れますので、通常のデスクトップと同様にアプリを起動します。それぞれの仮想デスクトップは適宜切り替えられますから、個々のデスクトップで異なったアプリを開いておきますと、効率良く平行作業ができます。大変便利なため、パソコンを上手に使うテクニックとして覚えておきたい手法です。