仮想デスクトップの処理速度の向上

仮想デスクトップの仕組みは、処理速度が向上する傾向が見受けられつつあるのではないかと推測されています。複数のデスクトップ画面を同時に処理することが求められる仕組みですが、要求通りに画面の操作のできる傾向が強くなり、処理速度の飛躍的な向上が図られています。画面の切り替えなどがスムーズに展開されることが普遍的なものになると、仮想のデスクトップを活用する頻度が高まることにも繋がるのではないでしょうか。仮想デスクトップを搭載するデバイスによっては、非常に処理速度のスムーズなものもあるのではないかと考えられています。そのため、この形式のデスクトップ画面の操作性能が向上したり、利便性が高まったりすることにも関わるとみられています。仮想デスクトップの処理速度に関しては、より高い水準に至ることが期待されています。

仮想デスクトップを便利にするショートカット

仮想デスクトップとは、通常ひとつのパソコンにひとつのデスクトップ画面を複数使うことができる機能で、Windows10から搭載された便利な新機能の一つです。
例えば、普段使っているパソコンのデスクトップに、インターネットブラウザを起動してネットサーフィンをし、仕事用のデスクトップにはOfficeを起動しておいて、切り替えながら使うなど、様々な用途が想定でき、とても使い勝手の良い機能です。
そんな仮想デスクトップはショートカットキーを覚えておくとより使いやすくなりますよ。
デスクトップの切り替えは、通常タスクビューを開いて行う必要があります。
そこで、タスクビューの起動、終了に使うショートカットキーを使うと時短になります。
タスク ビューの起動、終了のショートカットキーは、[Windowsキー] + [Tab]
ウィンドウの切り替えを素早く行いたいときは、[←]or[→] + [Enter]
で素早く切り替えを行うことができます。便利な仮想デスクトップ機能、ぜひ使いこなしてくださいね。

マルチタスク化を促す仮想デスクトップ

仮想デスクトップの仕組みは、マルチタスクを円滑に進めることをサポートするものとして、よく知られています。マルチタスク化を促すものであり、作業の効率を大幅に高めてくれると考えられているため、仮想で構築するデスクトップの画面は活用することが望ましいと考えられています。同時に複数の作業や処理を行う際には、仮想で複数のデスクトップを立ち上げることが不可欠であるとも認識されていることから、仮想デスクトップは利用するメリットの大きなものとして取り上げられています。いくつかの画面を切り替えながらの作業が実現できることから、マルチタスクを普遍的なものとしてくれる可能性も大変高いと言えるでしょう。仮想デスクトップを通じて、マルチタスクを実現させる人や会社は、様々なところで次第に増加していくのではないかと予測されています。