仮想デスクトップで作業効率アップ

パソコン作業を色々と続けていると、デスクトップに各種ファイルやフォルダが自然と増加していきます。まさに現実の机の上と同じように、キチンと整理をしないと、そのうち乱雑な状況に陥って、どこに何があるのかわからなくなってしまいます。仮想デスクトップは、そうした事態を回避するために適した機能と言って良いでしょう。現実で言えば、机をいくつも用意して作業ごとに使い分けていく感じです。仮想デスクトップを活用することによって、作業や機能等、目的に合わせてデスクトップ環境を切り替えることができるわけです。これによって、並行して複数の作業を進めるというような場合でも、混乱することなくスムーズに仕事をすることができるようになります。Linux系のOSでは昔から使われていましたが、最新のWindowsでも利用できるようになっています。

専用ソフトでの仮想デスクトップの構築

仮想デスクトップは、専用のソフトウェアを用いることで立ち上げられることが一般的であるとされています。現在では仮想で複数のデスクトップを同時に構築できるソフトウェアが多くなりつつあるため、積極的にこの専門的なソフトが活用されているのではないかと推測されています。パソコンやタブレットなどの、比較的大きな画面を持つツールにおいて、仮想デスクトップ用のソフトウェアが適用されることが多いと考えられています。仮のデスクトップをいつでも構成できるように、ソフトウェアを搭載しておくことによって、利便性が格段に向上していくのではないかと認識されています。仮想デスクトップの機能を生み出す専用のソフトウェアは、これからも多くのデバイスに対して適用されていくと考えられていることから、利用がしばしば行われるとみられています。

OSに対する仮想デスクトップの搭載

パソコンなどを動かすOSに対して、仮想デスクトップの仕組みが標準的に搭載される動きが活発になり始めています。OSにこのデスクトップの表示方法が組み込まれることに伴い、マルチタスクなどの効率的な作業が簡単にできるようになるとみられています。複数のOSに対し、この仮想のデスクトップが最初から導入されることがスタンダードになってきており、ユーザーからは非常に高く評価されています。ここ数年は仮想デスクトップを利用して作業を行う人か飛躍的に増加してきていると考えられているため、こうしたOSへの装備は良い動向のひとつとして考えられています。仮想デスクトップを効果的に運営させることを目的として、OSに標準的に装備される動きはこれからも加速していくとみられており、利活用される頻度が高くなるのではないでしょうか。

SSDを搭載したフラッシュストレージで、レイテンシーは1ms以下の高パフォーマンスを提供します。 業界初、仮想マシン単位でのQoSを自動化。 仮想マシン単位でボトルネックも細かく見える化。 仮想化環境のアプリケーションを監視、把握、適応できる業界唯一の仮想専用ストレージです。 Tintri VMstore T5080の参考価格7,400万円です。 新機能【仮想デスクトップ】を利用しよう